この映画「掟」は劇映画でありながら現在進行形の現実に並走するように制作された。
そして都知事選の開票結果が出た直後に完成、情報解禁という現実への密着ぶりは異例中の異例である。
企画が立ち上がり検討に入ったのが3月。安芸高田市の石丸伸二市長をモデルとした劇団トラッシュマスターズの2月公演「掟」、その脚本を映画プロデューサー奥山和由が目にしたところから企画が立ち上がった。
演出家、中津留章仁による戯曲。
政治に対する深い洞察力を持った鋭い表現に惹かれたという。
さらにブラックユーモアに溢れるエンタテインメントとして見事な成立を果たしている。
この脚本を映像化して、現在進行形の現実のコンセントに繋いだ映画を作ってみたいと。
そこからは迷うことなくアクセルを踏み続ける。
設立されたばかりの配給会社サンタバーバラ・ピクチャーズに持ち込み、最も早いタイミングでスタートをきれる劇場探しを依頼。
そして8月30日公開初日が実現。
プロデューサーの奥山は言う。「この企画はタイミングが命。世の中の政治に対する問題意識が芽生えるはずの都知事選、その時を外してしまったら作る意味のない企画」
かくして製作から公開までが超高速で実現、なんと企画検討から公開まで半年をきるという異常事態だ。
まさに賭けである。スター映画でもアニメ原作でもシリースものでもない。無謀ともいえるこの賭けの結果は?
映画は時代が産み落とす生き物、また観客やメディアによって育てられるもの。その反応は?
どのような結果が出るのか、全く予測不能!

Story

この映画のストーリーは石丸伸二氏をモデルとした主人公、高村誠也が市長選挙に立候補することを思い立ったところから始まります。そこからは現実と並走した「フィクション」です。
敢えてフィクションと謳うことによって、人間と政治を深堀りし、ブラックユーモア溢れる政治エンタメ映画にしました。
見事市長に当選した高村が、世界で一番住みやすい街を目指し、政治腐敗の払拭と財政再建を図る。 だが、議会中に市議会議員の一人が居眠りをしたことを受け、その事実をSNSで拡散する。
そのことをきっかけに、新人市長と議会側の対立は激化していく。
選任が叶わなかった二人目の副市長、地方都市としては喉から手が出るほど欲しいはずの経済効果をもたらす大手衣料雑貨食品メーカー無印企画の出店は。。。
市長が、任期中に成しえたかったことは、何だったのか。
そして、その志は、次はどこへ向かうのか。
突如、市長を辞任し、都知事選に出馬することになった石丸氏。
この映画のEndマークは都知事選の現実の結果です。

主な登場人物

高村誠也:市長
京都大学卒。元銀行員のアナリスト。国会議員の汚職事件により前市長が辞任し、副市長が無投票で就任することを避けるために銀行を退職。市長選に出馬して当選。
以降、猛スピードでX市の改革を推し進める。地元を愛する正義漠。
SNSを巧みに利用し、市内の問題を全国区に広めるなど、話題作りに長けている。

目黒省吾:地方紙の新聞記者
本社から支局に異動し、高村の政治手法に疑問を持つ。
地方紙と市議会議員の癒着によって市長から偏向報道だと批判され、対立する。

安斉和巳:市議会議員
高村が市長選へ出馬する際に会った人物。高村の改革を理解し市長派の議員として反市長派の議員らと対峙する。高村が間違っていると感じた時は強く批判もする。

真田恵美:市議会議員
唯一の女性議員で、高村が居眠りをする議員がいるとSNSに投稿した件で会合を行った場で、高村から恫喝されたとSNSに投稿され、あらぬ誹謗中傷に悩まされる。逆に高村市長に対し、損害賠償を求める裁判を起こす。

笠原博勝:市議会議員
汚職事件で辞職した議員を除き、最も当選回数が多い。居眠り問題が生じた際の議長後に反市長派として清正会を立ち上げる中心人物の一人。市議会議員のドン的存在。

菅沼佐吉:笠原と同期の市議会議員
笠原の後に議長を務め、高村の発言に反発を強める。市内の無印企画出店話に賛成し、清正会メンバーと対立。高村へ単身協議を持ちかけ土下座して清正会と調整しろと懇願。

武富健三:市議会議員
議会中の居眠りが大騒動に発展。居眠りは病気が原因だと告白。任期中に病気で死去。

楠木誠三:市/新人市議会議員
汚職事件によって市の名誉が傷付けられ、高村に反発して市議選に出馬し当選した。

北澤道英 (市民/新人市議会議員)
稲作を行いながらカフェ経営や狩猟協会役員も務め、高村を応援するために市政に参加。

成島貴之(衆議院議員)
高村の大学時代の准教授で、現座は衆議院議員。議員の居眠りの件を最初に相談した。その後、高村の強気な進め方を心配するが、一方でその手腕をかうこととなる。

糸谷優佳
「タイムジャーナル」のアナウンサー件取材記者

山崎大雅
同アナウンサー兼取材記者で、糸谷とコンビを組んでいる。

沖田 肇
市役所の職員。財政再建を担当する課長

江島永遠
市役所の職員。無印企画に地元の農家を紹介している。

遠藤早苗
株式会社無印企画の会社員。X市を含む一帯を取り仕切るエリアマネージャー。

キャスト

森下庸之 小杉勇二 藤木久美子 山本龍二 葛西和雄
星野卓誠 倉貫匡弘 斉藤深雪 森川由樹 杉本有美
佐々木梅治 清水伸 伊藤洋三郎
辰巳琢郎 渡辺哲

スタッフ

企画・製作:奥山和由  音楽:高畠洋  脚本・監督:中津留章仁
撮影:吉沢和晃 照明:五味くれた 録音:西岡正巳 
編集:洲﨑千恵子 助監督:土岐洋介 
スタイリスト:岩田友裕 ヘアメイク:伊藤里香 
制作担当:牧義寛 ラインプロデューサー:高瀬博行 
プロデューサー:豊里泰宏 製作:チームオクヤマ 制作プロダクション:シンクイ 
配給:Santa Barbara Pictures 協力:太秦 企画協力:トラッシュマスターズ

©2024 チームオクヤマ 

Infomation

7月7日更新

クラウドファンディングでは多大なご支援を賜りありがとうございました

中沢敏明様
株式会社シュガーサウンド
株式会社ブルーネット
西村由希子様
中津留佳代子様

© Malibu Corporation.